ミライノカケラ

30代の悩み、お金、家、節約についてのブログ

中京競馬場は大人も子どもも楽しめるアミューズメント施設

中京競馬場を知っていますか。 名前を聞いたことがあるけど行ったことがないひとも多いでしょう。競馬場と聞くだけでオジサン達が行くところで、子どもが行くところではないと思っていませんか。 そんなイメージを覆すほど競馬場は変わっています。

先日私も行ってきたので、おススメポイントを紹介します。

 

 馬場内遊園地は遊べる遊具がいっぱい!

まずは、馬場内遊園地(ばばないゆうえんち)。競馬場は、馬が楕円のコースを走ります。中京競馬場のコースの長さは約1.7㎞。そのコースの中に馬場内遊園地があります。

 遊べる遊具がいっぱい

そこには、「ふわふわドーム」「森の砦」「おどる水の広場」があります。

f:id:easyquitter:20180311202958j:plainふわふわドーム公式サイトより

「ふわふわドーム」は、ゴムでできた山でトランポリンのように飛び跳ねたり走ったりすることができます。係りの人がいて、時間帯で小学生以上と未就学児に分けて入れるので、大きい子どもと接触する心配もなく安心です。兄弟で遊びたいときはちょっと困りますが…。

 

f:id:easyquitter:20180311203002j:plain森の砦公式サイトより

「森の砦」は、ロープを渡ったりボルタリングみたいな壁があったりする総合遊具で小さい子どもから小学生まで思いっきり遊んでいます。子どもの人数が多いと小さい子どもを連れていると少し心配ですが、うちの子(4歳)は負けじと遊んでいました。

f:id:easyquitter:20180311203810j:plain

アンパンマンの石像やネットで出来た山もあるので、遊ぶ遊具がたくさんあります。

無料でポニーに乗馬

小さいトラックを1周ですが、無料で乗馬体験ができます。小学生以下の子どもならだれでも体験させてくれます。うちの子は、2歳でも乗ることができました。子どもが馬の上である程度座っていられるようなら乗せてもらえます。

スタッフも馬を引く人と、子どもを支える人の2名がついてくれるので初めてのときは親がドキドキしていましたが子どもは大喜びでした。

f:id:easyquitter:20180311204821j:plain

ヘルメットもかぶせてくれます。乗る時もスタッフの人に抱えてもらえるので一人で乗れなくても座ることができれば大丈夫です。

先着70名なので余裕はありますが、始まる時間前後で整理券がなくなってしまうので、ちょっと早めに行くことをおススメします。

乗馬体験時間は、公式サイトを確認して下さい。10時20分から始まることが多いですが私が10時くらいに行った時には、10名くらい並んでいました。10時半には整理券がなくなっていました。親が子どもの分をまとめてもらうことができるので子どもは遊具で遊ばせておいて一人の親が並んでいるのもいいと思います。

お弁当を食べるならココ!パノラマステーション!

芝生も多い中京競馬場ですが、お弁当を食べるなら名鉄電車の中で食べてみませんか。

愛称がパノラマステーション。

f:id:easyquitter:20180311205817j:plainパノラマステーション公式サイトより

昔懐かしいパノラマ電車が解放されいるので、お弁当を食べたり休憩したりできます。

ただし、人気のレースがあるときは早い時間に席が埋まってしまうこともあるので、先に席取りをしたほうがいいです。

大人も楽しい運転台

運転台も入ることができます。大人でも入ることができるので一度見てみると楽しいです。普通の電車の運転席に比べるとかなりせまい造りになっているので、運転士も大変だったと思いました。

f:id:easyquitter:20180311210204j:plain

もちろん、馬も近くで見学

競馬場ですので、馬も近くで見れます。レース中はもちろん、「パドック」と言って走る前の馬が歩いているところや「かちうまビュー」と言ってレースを終えた馬たちが入っているところもあります。

誘導馬と言って、レース場に入ってくる馬を誘導する馬もいますが近くで見るスペースもあります。土曜日に行くと先着10名ですが写真を撮ったり触ったりする機会もあります。

馬券も買えます

当たり前ですが、馬券も買えます。と言いますか馬券を買うための場所です。流石に、馬券を買うところの近くは、昔の競馬場のイメージのオジサンがいっぱいです。ただ、1割くらいでしょうが若い人やカップルもいました。

馬券の買い方や新聞の見方を初心者に丁寧に教えてくれる「ビギナーズセミナー」もあるので、興味がある方は行ってみてください。

アクセス・駐車場・入場料・施設

アクセス

アクセスは、車・電車両方で可能です。

電車の場合

電車の場合は、名鉄の「中京競馬場前」下車徒歩10分。

中京競馬場前」駅は、普段は「普通列車」と「準急」しか停まりませんが競馬場が開いている日は、「急行列車」などが停まる場合があります。

車の場合

国道1号線の少し北側に位置しています。藤田保健衛生大学のすぐ近くで車でもアクセス良好です。

大きいレースが開催されるときは、周辺道路が混雑することがありますが、午前中はそんなに混雑はしないです。

駐車料金

1台1,000円です。少し離れたところの東第5駐車場は、600円ですがかなり遠いので近い駐車場に停めることをおススメします。

中京競馬場でレースが開催されない日は、500円になります。

入場料

レースが開催される日は200円です。8枚つづりで1,000円の回数券もあります。

レースが開催されない日は、無料で入れます。

施設

授乳室や子ども用のトイレ、プレイルームなどがあり小さいお子さんを遊ばせるところがたくさんあります。

喫煙スペースも分かれているので、タバコ臭くもありません。

飲食も売店が揃っているので、お弁当を持って行かなくても競馬場で調達できます。吉野家も入っています。

 

まとめ

中京競馬場は、子どもも思いっきり遊べるアミューズメント施設です。週末に行くところがない場合や、ちょっと出かけたいときに行ってみてください。

意外とはまってリピーターになってしまうかも…。

ただし、入場料と駐車料金がかかったからと言って競馬で元を取ろうとしてはいけませんよ…。

子どもが男の子の場合、近くにある豊明消防署もおススメです。消防車や救急車がかっこよく駐車されていて自由に見学できます。

welcome-toyoake.jp