ミライノカケラ

30代の悩み、お金、家、節約についてのブログ

クレジットカードが不正利用されたときの対処法

先日クレジットカードの明細を見ていたら、身に覚えのない使用履歴がありました。金額は、大きくありませんでしたが不正利用されていました。

不正利用に気づいたらすぐにカード会社に連絡をしましょう。連絡先はカード裏面に書いてあります。カード裏面の電話番号が直接の担当でなくてもちゃんと電話を取り次いでくれます。

不正利用されるとカードを止めて番号が変わるので、電気代や携帯代、固定費などの支払い情報をすべて変更しなければいけません。ものすごく手間がかかります。

不正利用されたときの対処法と不正利用を防ぐための方法を紹介します。

不正利用に対抗するカードの紹介はクレジットカード不正利用にエポスバーチャルカードが最適な3つの理由 - ミライノカケラにも書いてあります。

 

 不正利用が発覚したら、すぐにカード会社に連絡を

不正利用に気が付いたらすぐにカード会社に連絡をして、カードを止めてもらいましょう。一度不正利用されると、またすぐに使われてしまいます。2次被害を防ぐためにも気づいたらすぐにカード会社に連絡しましょう。

連絡先は、カード裏面に電話番号が載っているのでそこに電話しましょう。担当が違っても取り次いでくれます。また、不正利用や紛失の窓口は24時間繋がるところが多いのですぐに連絡しましょう。

不正利用に気づくためには明細を必ずチェックする

不正利用されたことに気づくためには、明細をチェックしなければいけません。明細を見ずに捨ててしまう人やWEBでのチェックがめんどくさいからといって見ない人もこれからはチェックしてください。

利用確認メールを設定する

毎月利用明細なんて確認するのがめんどくさい方は、利用確認メールを設定しておくと利用されたらメールが届くので、不正利用を確認できます。

利用確認メールは、楽天カードJCBカードエポスカードなどで利用できます。

カードには必ずサインをする

万が一落とした時にサインがないと補償を受けるのが難しくなります。私もカードを落としたこともなければ、サインを書いていないカードを1枚も持っていないのでわかりませんが、規約を読むと補償の対象になりません。

 固定費の支払いと普段使いのカードを分ける

電気代や携帯代などの固定費に使っているクレジットカードと買い物で使うクレジットカードを分けると、万が一不正利用されたときに固定費の支払い変更の手続きをしなくて済みます。買い物で使うカードは、止められても都度払いのものだけなので手続きが不要になりますよね。

ただでさえ、不正利用されて忙しい時に固定費の支払いの変更手続きまでやってられません。わけておくことも考えておきましょう。

クレジットカードが不正利用されたときのまとめ

まずは、クレジットカード会社に連絡をしましょう。固定費を支払っているカードであれば、支払っている会社に連絡をしてカードの変更をしましょう。

不正利用に気づくためにも、明細は必ずチェックして利用確認メールも活用しましょう。お金だけ取られるなんて嫌ですよね。クレジットカードをしっかり管理して不正利用に合わないようにするのがベストですね。