ミライノカケラ

30代の悩み、お金、家、節約についてのブログ

ドコモでも節約!毎月2550円の契約プラン紹介

f:id:easyquitter:20180621000720p:plain
最近、格安simを持つ人が増えてきています。しかし格安simの場合は、契約者数が増えるほど遅くなるというデメリットがあります。特に昼休み時間や夜間など使いたい時間帯に通信速度が遅くなります。

格安SIMの最大のメリットである安さを、大手キャリアのドコモで実現する方法を紹介します。

この方法を使えば、5GB・通話5分無料で毎月2600円以下です!

格安SIM会社との料金比較

 格安SIMの会社とドコモを普通に契約した場合の価格差を調べました。
 今回は比較をしやすくするために機種代を抜いた通話と通信プラン(5分通話無料・約5GB)のみで比較します。
 格安SIM会社はかなりの数があるので、今回は格安SIM会社の中でも大手の【楽天モバイル】と【UQモバイル】で比較します。

会社名 楽天モバイル UQモバイル ドコモ
通話sim+5GB 2,150円 2,980円(6GB) 1700+300+5000円
5分間通話無料 850円
合計 3,000円 2,980円(1年目のみ・6GB) 7000円

比べてみると、楽天モバイルが一番安くて月3,000円です。
使えるデータ量に差はありますが、格安SIMであれば概ね3,000円程度での契約が可能です。

UQモバイルの注意点は、1年目は2,980円ですが2年目以降は3,980円に値上がりします。

それでもドコモの7,000円よりは安くなります。毎月約4,000円の料金差であれば多少ネットが遅くても我慢ができます。

ファミリー割とシェアパックでドコモは安くできる

f:id:easyquitter:20180621003044g:plain
ドコモにはファミリー割があります。ファミリーの範囲は、主回線から3親等で20回線まで一つのファミリー割に入れます。ファミリー割に入るとデータ量を分け合うシェアグループを組めます。
シェアグループを家族全員で組めば、大容量の契約ができ、単価を安くできます。
1人で5GB使う場合は、5,000円です。(ベーシックパック)
しかし、10人で50GB使う場合は、16,000円です。(ウルトラシェアパック50)
つまり、1人だと5,000円かかりますが、10人だと1人1,600円しかかかりません。シェアパックにするとパケット代のほかにシェアオプションが500円かかるので、先ほどのプランと細かく比較します。

プラン名 10人の場合 小計 1人の場合
カケホーダイプラン ライト 1,700円×10人 17,000円 1,700円
spモード 300円×10人 3,000円 300円
ウルトラシェアパック50 16,000円 16,000円 5,000円
シェアオプション 500円×9人 4,500円 -
合計 4,050円/人 40,500円/10人 7,000円

家族のパケットをまとめただけで、3,000円程料金を安くできました。

10人のシェアグループをどうやって組むか

10人のシェアグループを組むのが大きな問題になります。我が家の場合は、兄弟・両親・義両親で10人以上のファミリー割を組んでいます。各家族の子どもが携帯を持っても、20人以内になるのでそのまま持ち続けられます。
既にドコモユーザーであれば、ファミリーの主回線になる人がドコモショップに行くだけで手続きができます。苗字と住所が違っても、ドコモショップから兄弟や両親に電話をかけて確認がとれれば、その場でファミリーになれます。(2018年6月現在)
支払いも、各家族単位・個人単位で分けれます。
家族がドコモユーザーでない場合は、MNP等の手続きが必要になりますが、格安SIM並みに安くなるので説得してみてください。またソフトバンクでも似たようなプランがあるので、ソフトバンクの人はそちらで検討してみるといいです。

毎月2550円にする方法

10人でプランを組めば、毎月4,050円になりました。ここからさらに安くする方法があります。
docomo with」を使います。
docomo with」は、対象の機種を購入すれば、毎月ずっと1,500円を割引してくれます。「docomo with」を使えば毎月の料金を2,550円にできます。
docomo with」は、月々サポートのように24カ月で終了せず、3年目以降もずっと割引をしてくれます。また、SIMカードを別の機種に差し替えても、割引が継続されます。
つまり、「docomo with」対象の機種を購入して割引だけしてもらい、SIMカードは今使っているスマホに差したままでOKです。「docomo with」対象の機種は、ダイワンテレコム携帯買取アローズで買い取ってもらいましょう。支払った機種代金よりは安くなってしまいますが、これから続く割引が手に入るのでトータルで安くなります。

35,000円程で機種を購入できます。しかし、中古で売ると20,000円弱にしかなりません。その分毎月の割引がずっと続くことを考えると1年ほどで元が取れます。メルカリ等で売ればもう少し高く売れるかもしれませんが、売れないリスクや販売手数料を考えると即買い取ってくれるお店の方がいいです。
たまに聞かれますが、携帯電話の機種本体を売るのは犯罪ではありません。電話回線を売ると犯罪になってしまいます。

毎月1,500円の割引がなくなる場合

docomo with」の毎月1,500円割引は、対象機種以外に機種変更した場合、回線を解約した場合に割引が終わってしまいます。
では、スマホ・機種が壊れた場合はどうするのか。
別のSIMフリーの機種やドコモの機種を買えば解決します。SIMフリースマホであれば3万円以下でかなり良いスマホを購入できます。ドコモの機種にしたい場合は、メルカリやヤフオクで購入できます。

dtabを活用する方法

docomo with」を活用すれば、ずっと1,500円を割引いてもらえますが、機種代金がかかることがデメリットでした。dtabに機種変更すれば、割引額が下がり、2年で終わってしまう月々サポートになっていますが、機種代金がかからずに月々サポートだけを復活させられます。家電量販店などで、dtabに機種変更をします。家電量販店では、0円で機種変更できました。(2018年6月中旬現在)さらに、1,350円の月々サポートという割引が付きます。

家電量販店に行き、dtabに通話プランのまま機種変更をするだけ!!

それだけで、月1,350円電話代が下がります。しかも、dtabももらえます。

dtabはタブレットなので、データ通信専用回線しかできませんと最初言われましたが、通話プランでも出来ます。知らないショップ店員もいるので、本部に確認してもらうように言いましょう。
それで、simカードは変更せず、そのまま今のスマホに差したままで大丈夫です。

端末購入サポートという制度があるので、1年間は機種変更できませんが割引を適用してもらうなので、割引がなくなるまでの2年間は機種変更する必要がありません。

ドコモでも節約!毎月2550円の契約プラン紹介のまとめ

1人で契約すると割高になるドコモのプランですが、大人数で契約すると格安SIMの【楽天モバイル】や【UQモバイル】との料金差はなくなります。
しかも、「docomo with」やdtabへの機種変更という技を使えば、格安SIMよりも安いプランで契約できます。家族を巻き込む必要がありますが、家族みんなで携帯代を節約しましょう。

ドコモならドコモ口座を使ってクレジットカードのポイントだけを貯めることもできます。

nanacoとドコモ口座を使った裏技