ミライノカケラ

30代の悩み、お金、家、節約についてのブログ

クレジットカード不正利用にエポスバーチャルカードが最適な3つの理由

クレジットカードの不正利用は身近に起こる問題です。先日、私も記憶にない利用履歴があり慌ててカード会社に連絡しました。

不正利用されたカードは、カードの利用を止めて再発行が必要になるのでカード番号が変わります。携帯代や電気代など月々の支払いに登録していたので、手続きがすごく大変でした。

不正利用されないことが一番大切ですが、ネットで買い物を全くしない生活は今の時代難しいです。そこで私が発見したのが、エポスバーチャルカードです。

エポスカードを持っていれば、誰でも無料で作れるエポスバーチャルカード。ネットでの買い物で使えて、支払いもエポスカードと一緒にでき、不正利用にも対抗できるカードです。エポスバーチャルカードカードの利点をご紹介します。

1. エポスカードとは別の番号を発行できる

エポスバーチャルカードは、エポスカードに付帯して利用できます。利用料金もエポスカードと一緒に請求がきます。

しかし、クレジットカードの番号は別で発行ができます。

ネットでの買い物に使うカードをエポスバーチャルカードにすれば、万が一不正利用されてもバーチャルカードの番号しか流出しません。利用中止・再発行をすればすぐに新しいカード番号になるので、不正利用の心配もありません。

また、不正利用されて利用中止してもメインのカード番号とは違うので、月々の支払いの登録を変更しなくても済みます。

不正利用されたときにショックなのは、利用されたことだけでなく、登録したあるカードすべてを変更しなくてはならない手間がものすごく多いことです。固定費のほとんどをクレジットカードで払っているので、各社への連絡とカードの変更手続きに時間をかなり取られます。

バーチャルカードならそんな心配は不要で、安心してクレジットカードを使えます

2.利用可能額を都度設定できる

エポスバーチャルカードの場合、利用可能額をその都度設定できます。使う時だけ利用可能額を設定すれば、知らないところで使われる可能性がなくなります。

バーチャルカードの情報が万が一流出しても、利用可能額が「0円」なら不正に使われません。使う時だけ使う分の利用可能額を設定できるので安心です。ただし、利用可能額の設定が1万円単位でしかできないので、使い終わったらすぐに利用可能額を「0円」にするか利用を中止することをおすすめします。

3.クレジットカード番号を何度でも変更できる

利用申し込みをするとバーチャルカード専用のクレジットカード番号が発行されます。セキュリティコードも一緒に発行されます。

しかし、その番号が嫌だったり1度使ってもう使いたくない場合は、利用中止をすればその番号は2度と発行されなくなります。

使いたくなったときにもう1度発行手続きをすれば、新しいカード番号が発行されます。発行手続きも5分かからずにできるので、手間にはなりません。

エポスバーチャルカードのデメリット

月額払に使用できない

月々の支払いや定期的な引き落としには使用できません。しかし、定期的な支払いには、エポスカードを使えばいいのでそれほどデメリットではないです。

エポスカードを持っていないと発行できない

エポスカードに付帯したサービスなので、エポスカードを持っていないと発行できません。しかし、エポスカードは年会費無料なので持っていて損しないカードです。私がメインカードで使っていますし、一番おすすめするカードです。

利用可能額の設定が必要

利用可能額をあらかじめ設定しておかなければいけません。しかし、これを設定することで不正利用を防げるので、手間でも使う都度設定をしてください。

エポスバーチャルカードが不正利用を最適な理由のまとめ

エポスバーチャルカードは、不正利用を防ぐのに最適です。利用手数料が無料でクレジットカードと同時に支払いができるので管理もしやすいです。

普段使いのカードとは別にクレジット番号を持てるので万が一番号が流出してもバーチャルカードの利用を止めれば被害は最小限で抑えられます。カードを止めた後の手続きが何もいらないので安心です。

不正利用されないようにするのが一番ですが、不正利用されたあとの処理も大変なので、エポスカードを作成してバーチャルカードを作りましょう。