ミライノカケラ

30代の悩み、お金、家、節約についてのブログ

外構を別業者に頼んで大失敗。ハウスメーカーに外構を頼んだ方がいい3つの理由

素敵な家を建てても、外構をまったくやっていないと家が残念な見た目になってしまいます。

我が家は家を建てる時に、外構をハウスメーカーではなく別の業者に頼みました。これが大失敗でした。もちろん良い業者もありますが、良い業者だけではありません。しかも、素人が打ち合わせの段階で良い業者かどうかを見極めるのは不可能です。

一生に一度の買い物です。安心して任せられるところに頼むべきです。

なぜハウスメーカーで頼んだ方がいいのかを説明します。

施工の管理がしっかりできる

我が家は、家を積水ハウスで建てました。最初は積水ハウスで外構もやってもらう予定でしたが、色々考えて別の業者に頼みました。

しかし、その業者はデザインが綺麗に見せていますが、綺麗な外構の絵を描くだけで工事の事は全く分かっていませんでした。私は、建築関係のことは良くわかりませんが土木関係の仕事をしているので多少の知識はありました。

現場は監督がしっかり管理していないと作業員が好きなようにやってしまうことが多いです。その点、ハウスメーカーが現場監督がしっかりしているので現場の管理を任せられます。

現場は作業員任せ。全く現場管理をしていない。

外構業者の担当者が、現場を見に来ることはありませんでした。図面だけ書いて、下請け業者にすべて任せっきりでした。

業者にもよりますが、任せっきりにしてもしっかりやる業者もあります。しかし、多くの業者が管理されていないと手を抜くことがあります。

私の家を担当した業者は、比較的手を抜いていました。外構工事が、住み始めてから開始されましたので、私がかなり注意をしました。

これは、私が土木の知識があるから注意できたことで普通の人なら気付かずに終わってしまっています。せっかく家にこだわっても知らないところで手を抜かれて、数年後に不具合が起きては遅いです。

私の家の場合ですが、ガス管が埋設されていました。外構業者には、ガス管があるので出てきた場合はよけて作業をする旨を伝えました。邪魔になるなら移動させてもらうので必ず伝えてもらうように言ってありました。

ある日仕事が終わって帰ると、ガス管が出ていて、コンクリートまで施工されていました。ガス管の周りをコンクリートで固めていたのです。

すぐに業者を呼んで直させましたが気づいていなければそのままでした。ガス管の周りにコンクリートがあっても問題はないのでしょうが、今後ガス管を交換するときや、外構の替えようと思い、コンクリートを壊すときガス管を傷つける可能性もあります。

そのことを考えてガス管を移動させると言ってあったのに全く伝わっていませんでした。

こういった現場管理の面を考えると、ハウスメーカーに任せた方が安心です。

外構費用はそれほど変わらない。

ハウスメーカーで外構をやらなくなった理由の一つが値段です。ハウスメーカーは自社で施工せず下請け業者に発注するため、その分高くなると思っていました。

しかし、別の業者に頼んでもそれほど金額の差はありませんでした。

理由としては、結局今回頼んだ業者も下請けに施工させているためです。しかし自社で施工しても、作業にかかるお金は変わりませんし、大きい業者の方が材料を大口で安く仕入れれるのでそれほど金額の差は生まれないのかもしれません。

家の中まで考えたデザインの提案ができる

ハウスメーカーで外構を頼むと家の中の様子まで分かった状態で、外構のデザインをしてもらえます。

家の中から外を見るとどんな感じなのか、外から見るとどんな感じになるのかをしっかり分かったうえで外構のデザインをしてもらえます。

別の業者に頼むと、外観はなんとなくわかるけれど中からの様子までは分からかったです。

外構は外から見ることも多いですが、家に住んでいると中から見る機会のほうが多くなります。中からどういった形で見えるかも考慮したデザインにしましょう

ハウスメーカーに外構を頼んだ方がいい3つの理由のまとめ

すべての外構業者が悪いとは、思いません。しかし、素人が確実に安心して外構を任せられるという点でハウスメーカーに頼みましょう。

現場管理の手間や値段、デザインも施工する業者で変わってきます。仮に多少値段が高くても、現場の管理をしっかりしてくれるなら逆に安く済みます。

目に見えないコストも考慮して外構業者を選んでください。