ミライノカケラ

30代の悩み、お金、家、節約についてのブログ

刈谷市交通公園は500円で丸1日遊びつくせる!

刈谷市にある交通児童公園(正式名称:刈谷市交通児童遊園)は、500円で丸1日遊べる楽しいスポットです。3歳くらい~小学校低学年くらいまでの子どもが楽しめるスポットです。

小さい遊園地みたいな場所ですが、乗り物が1回50円で乗れます。回数券を買えば11回500円で乗れます。小学生になれば1人で乗り物に乗れます。

名古屋からも1時間かからずに行けますので、週末時間があるときに行くと楽しめますよ!

 乗り物が全て50円。種類は8種類。

乗り物は基本的に50円です。回数券が11回500円で販売されているので、1回約45円で乗れます。

小学生からほとんどの乗り物が1人で乗れるので楽しみが増えます。

ゴーカートは本格的。小学3年生以上なら一人で運転できる

ゴーカートは、しっかり自分で運転できるゴーカートで大人が運転すれば子どもも楽しめます。小学3年生以上なら一人で運転もできるので、もっと楽しめるようになります。

 ヘリタワー・ミニ新幹線・ドルフィンパラダイスはリピート

ドルフィンパラダイス

息子が4歳です。ヘリタワー・ミニ新幹線・ドルフィンパラダイスは、何度も乗りました。ミニ新幹線は、1人で乗れるので楽しかったようです。

この他にも、メリーゴーランド・キッズコースター・サイクルモノレール・グレートポセイドン(小さいバイキング)があります。

ミニ遊具は1回20円!

ミニ遊具

 写真のようなミニ遊具は1回20円です。これだけでも、3歳~5歳くらいの子どもは十分楽しめます。

一部故障中だったのは残念でしたが、電車の遊具は故障中でも子どもは楽しんでいました。

 芝生の滑り台や「ふわふわ」もある

芝生滑り台

公園内には、芝生の滑り台が2箇所。ふわふわも1箇所あります。

ふわふわは、子どもがたくさんいて楽しそうでした。ただ、小学生ゾーンと幼児ゾーンで分かれてはいますが管理する人がいないので、小学生は幼児ゾーンにすごい入ってきていました。

SLや市電もある

公園内には、SLのD51が置いてあります。運転台に乗り放題で好きに乗ったり触ったりできます。

名古屋市内を走っていた市電もおいてありこちらも好きに乗ったり触ったりできます。

SL

お弁当は持参した方がいい。軽食なら移動販売がある

近くにコンビニや食事するところがありません。お弁当を持って行った方がいいです。お弁当を食べるスペースはたくさんあります。

公園内は多くのスペースで人工芝がひかれています。屋根もあるので芝に直接座ったり、シートをひいたりしてる人が多いです。

管理等の2階にはちゃんとテーブルと椅子がありました。ここでもお弁当を食べられます。

食事スペース

移動販売は日替わり

移動販売車が3台ありました。日替わりで来ているのでどの日に何がくるかは、公式ページを参考にしてください。

交通児童遊園|刈谷市

私が行った日にいた「ドクターケバブ」はおいしかったです。

ケバブが本場の味そのもので、一つペロッと食べてしまいました。子どももおいしいと言って食べれる味でした。しかも1個500円と他のお店と比べて高くありませんでした。

暑い日だったのでかき氷も食べました。こちらもサイズが大きくておいしかったです。子どもと2人で1つ分けて食べても多いと感じるくらい大きかったです。

ドクターケバブ

 車で行くなら10時半までには行きましょう

車で行く場合は10時半くらいまでには行きましょう。駐車場が満車になります。

無料の駐車場が95台あります。しかし10時半頃には満車になります。

無料の駐車場が満車になると近くの有料駐車場を案内されますが、無料にはなりません。近くの市営有料駐車場は、70円/30分です。1日最大700円です。

壊れたおもちゃを無料で直してくれる「刈谷おもちゃ病院」がある

管理棟2階に「おもちゃ病院」があります。刈谷市にあるデンソーのOBさんなどがボランティアでやっているおもちゃ病院です。

材料費の100円~300円を実費で負担すれば、壊れたおもちゃを直してくれます。

300円以上かかるときは、別途相談してもらえるので安心です。

開催日は毎月第2・第4の土曜日と日曜日です。10時から3時まで空いています。壊れたおもちゃを直してもらってみてください。

刈谷おもちゃ病院

刈谷市交通自動遊園の基本情報

開園時間

午前9時から午後4時半まで

休館日

毎週水曜日(祝日の場合は翌日)

アクセス

刈谷駅から徒歩8分

駐車場:95台(無料)