ミライノカケラ

30代の悩み、お金、家、節約についてのブログ

教育資金の貯金はいつまでにいくら貯めるか。教育資金準備のコツ!

f:id:easyquitter:20180720005133j:plain

子どもの教育資金をどうやって貯めるかが、親にとって大きな問題になります。

一般的に子どもを大学まで卒業させようと思うと、すべて公立学校に通わせようとしても学校に納入する授業料だけでも約700万円かかります。これは、習い事や学習塾などの学校外の費用を一切含んでいません。学習塾などの学校外の費用を含めると大学まで全て公立学校に通っても、約1,000万円かかります。

教育資金は、子どもが生まれた時点で、いつ・いくら必要になるかが把握できます。必要な時期までに必要な額を今から貯めて行けば、子どもが大きくなった時に慌てなくても済みます。

いきなり1,000万円と言われても途方もない数字なので、いついくら必要かをはっきりさせて月々いくら貯めて行けばいいのかを考えましょう。当たり前ですが、子どもが小さい時の方が月々貯める額は少なくて済みます。

 教育資金は、公立学校に通っても最低700万円は必要

子どもを大学まで卒業させようと思うと、学校に支払うお金だけで最低700万円は必要になります。

文部科学省の調査(高校卒業まで)

子どもの学習費調査

日本政策金融公庫の調査(高校から大学まで)

教育費負担の実態調査結果

 2つの調査結果は、難しい言葉でたくさん書いてありますが要約すると、学校に納入する費用だけで、約700万円かかります。塾などの学校外の費用も入れると高校までで約550万円必要になります。

子どもを持つ親としては、なるべく奨学金などに頼らずに教育資金を準備したいです。

高校・大学が一番お金が必要

小学校・中学校は義務教育なのでほとんどお金は必要ありません。もちろん部活などすればユニフォームや道具などでお金はかかりますが、今回はそういったものを考慮しません。

高校3年間で約70万円必要

公立高校に入った場合でも、約70万円のお金が必要になります。入学金と在学費用です。年間20万円以上が学校に納入する費用で必要です。

大学は公立でも約500万円必要

 公立の大学でも約500万円必要です。入学金が約70万円。授業料で年間100万円が必要になります。

今からいくら貯めればいいか

急に100万・500万必要だと言われても準備もできないし、いくらずつ貯めていけば分かりません。

子どもが1歳であれば、高校入学まで15年あります。高校1年で必要な学費が24.3万円です。単純計算で毎年1.6万円ずつ15年間積み立てれば間に合います。これを高校1年から大学4年で必要な額を算出します。

公立高校・大学なら年間28万円の積立が必要

公立高校・大学の場合で必要な額を算出して毎月いくら貯めればいいかを下の表で計算しました。

子どもが1歳なら毎年約28万円。月間2.4万円ずつ積み立てていけば、大学卒業まで無理なく教育資金を貯められます。これが子どもが9歳の時から積み立てると毎年約50万円を積み立てなくてはいけません。

年齢 16 17 18 19 20 21 22 必要貯蓄額
学校 高校(公立) 大学(公立)
年間学費 24.3 21.4 21.4 169.0 97.6 97.6 97.6 【年間】 【月間】
貯めはじめの年齢 1 1.6 1.3 1.3 9.4 5.1 4.9 4.6 28.2 2.4
2 1.7 1.4 1.3 9.9 5.4 5.1 4.9 29.7 2.5
3 1.9 1.5 1.4 10.6 5.7 5.4 5.1 31.6 2.7
4 2.0 1.6 1.5 11.3 6.1 5.7 5.4 33.6 2.8
5 2.2 1.8 1.6 12.1 6.5 6.1 5.7 36.0 3.0
6 2.4 1.9 1.8 13.0 7.0 6.5 6.1 38.7 3.3
7 2.7 2.1 1.9 14.1 7.5 7.0 6.5 41.8 3.5
8 3.0 2.4 2.1 15.4 8.1 7.5 7.0 45.5 3.8
9 3.5 2.7 2.4 16.9 8.9 8.1 7.5 50.0 4.2
10 4.1 3.1 2.7 18.8 9.8 8.9 8.1 55.5 4.7
11 4.9 3.6 3.1 21.1 10.8 9.8 8.9 62.2 5.2
12 6.1 4.3 3.6 24.1 12.2 10.8 9.8 70.9 6.0
13 8.1 5.4 4.3 28.2 13.9 12.2 10.8 82.9 7.0
14 12.2 7.1 5.4 33.8 16.3 13.9 12.2 100.9 8.5
15 24.3 10.7 7.1 42.3 19.5 16.3 13.9 134.1

11.2

私立高校・大学に行かせたかったら、毎年50万円以上の積立が必要

同じように私立高校・大学に進学するパターンで計算をしました。1歳から貯め始めても年間約50万円の積立が必要になる計算です。10歳からはじめた場合は年間100万円も必要になります。

年齢 16 17 18 19 20 21 22 必要貯蓄額
学校 高校(私立) 大学(私立)
年間学費 74.0 53.9 53.9 264.1 160.3 160.3 160.3 【年間】 【月間】
貯めはじめの年齢 1 4.9 3.4 3.2 14.7 8.4 8.0 7.6 50.2 4.2
2 5.3 3.6 3.4 15.5 8.9 8.4 8.0 53.1 4.5
3 5.7 3.9 3.6 16.5 9.4 8.9 8.4 56.4 4.7
4 6.2 4.1 3.9 17.6 10.0 9.4 8.9 60.1 5.1
5 6.7 4.5 4.1 18.9 10.7 10.0 9.4 64.3 5.4
6 7.4 4.9 4.5 20.3 11.5 10.7 10.0 69.3 5.8
7 8.2 5.4 4.9 22.0 12.3 11.5 10.7 75.0 6.3
8 9.3 6.0 5.4 24.0 13.4 12.3 11.5 81.9 6.9
9 10.6 6.7 6.0 26.4 14.6 13.4 12.3 90.0 7.5
10 12.3 7.7 6.7 29.3 16.0 14.6 13.4 100.0 8.4
11 14.8 9.0 7.7 33.0 17.8 16.0 14.6 112.9 9.5
12 18.5 10.8 9.0 37.7 20.0 17.8 16.0 129.8 10.9
13 24.7 13.5 10.8 44.0 22.9 20.0 17.8 153.7 12.9
14 37.0 18.0 13.5 52.8 26.7 22.9 20.0 190.9 16.0
15 74.0 27.0 18.0 66.0 32.1 26.7 22.9 266.7 22.3

 教育資金の貯金はいつまでにいくら貯めるかのまとめ

公立の高校や大学に行かせるだけでも約700万円必要になり、塾などに通わせれば約1,000万円必要になる教育資金。額だけ聞くと途方もない数字に見えます。

しかし、子どもが小さい時から積み立てを始めれば年間30万円弱でもなんとか公立の大学まで行かせられます。児童手当が毎月1万円入ってくることを考慮すれば、約20万円積み立てていけばいいです。

子どもが大きくなってから積み立て始めるよりは負担が減ります。子どもが大きくなっていても、いきなり必要になる前にいまからでも少しずつ教育資金の積立を始めましょう。

普段の生活で貯めるには固定費を削るのが一番早いです。携帯代は格安SIMに変えなくてもドコモでも毎月の料金を安くする方法があります。

 少しでも多く積立てる方法

 今回の計算は、利子や運用の利率を全く無視して計算をしています。しかし、子どもが小さく実際に必要になるまでの期間が長い場合は、運用したほうが多く貯まる場合が多いです。自分で運用なんてできなくても今はAIで自動運用してもらえるサービスがあります。リスクの取り方も自分で選択できるので、運用して少しでも教育資金を多く貯めてください。

全自動で資産運用ができるロボアドバイザー

WealthNavi ">