ミライノカケラ

30代の悩み、お金、家、節約についてのブログ

住宅ローンで不安にならない返済額はいくらか。

住宅を購入するときに多くの人は住宅ローンを組みます。

何千万円という多額のローンを組むので不安になります。しかも返済期間は30年とか35年とか。多額のローンを組む時に、少しでも不安を解消するには見通しをしっかりとたてること。

今の生活とローン返済額をしっかり把握して少しでも住宅ローンを組む時の不安を解消しましょう。

ローンをいくらするかの計算方法

みなさんはいくらの住宅ローンを組みますか。その金額はどうやって出しましたか。

住宅ローンを組む時に、ローンの金額の決め方は2通りあります。基本は2通りでも同じことです。払えるか払えないかをしっかり検討する必要があります。

毎月いくら返済できるかで決める方法

今の家計を考えていくらなら住宅ローンの返済に充てられるかを考えます。

今の賃貸の賃貸料の同額以下にしましょう。賃貸の場合、会社から補助が出ていることがあります。また、賃貸料の中には修繕費等も含まれているので、持ち家を持ったらその修繕費を自分で支払わなければいけません。

補助分や修繕にかかるお金分を引いた金額を毎月のローン返済にまわせると考えましょう。

修繕にかかるお金は、住宅メーカーが試算してくれるのでその金額÷期間で出しましょう。

毎月の返済額からの住宅ローンの試算はこちら

借入可能額の試算(返済額より算出)

 

ローンを組む金額から毎月の返済額を決めて検討する

こちらは、すでに住宅ローンの金額を決めている場合に考えることが多いです。

購入する物件等が決まっていて、いくらローンするかを考えた時にいくらくらいの返済になるのかを考えます。

この場合でも先ほどと同じで、今の住居費よりも低めになるように毎月の返済額を決めましょう。

ローン金額からの返済額の試算はこちら

返済額の試算

年収に占める住宅ローンの割合を知る

年収にしめる住宅ローンの占める割合を知ることは、銀行がローンの審査をする上でも参考になる指標です。

これを返済負担率といいます。これが35%以下だとローンの審査が通るとされています。(年収400万~700万の場合)ただし、勤務先や勤務年数、他の借入状況によっては、審査に通らない可能性はあります。

しかし、この指標に惑わさてはいけません。

あくまで銀行が貸すときに参考にする指標であり、返済が楽がどうかは考慮していません。

年収500万円の人が、35年ローン、金利1%、返済負担率35%で計算すると

5160万という試算結果がでます。

この金額をボーナス加算なしで返済しようと思うと、毎月14.5万円の返済が必要になります。年収500万円でその金額を返すのは不可能です。

銀行も見込みがある程度あれば貸してくれる

銀行も会社を経営していかなくはならないので、利益をださなくてはいけません。ある程度返せる見込みがあれば住宅ローンを組ませてくれます。

しかも、住宅ローンは家と土地を担保にするので返済できなくなれば、家と土地を取り上げ売りに出せば、ローンが回収できると考えています。

なので、ある程度返せる見込みがある人には貸してくれます。何度も言いますが、住んでる人の生活が楽かどうかまでは考えてくれません。

返済負担率が何%なら楽に返せるのか

毎月の返済に苦しむことのない返済負担率は何%なのか。低ければ低い方がいいですが、個人的には20%以下ならそれほど負担です。

年収300万円以下の人は、返済負担率が25%以下でないとローンの審査はほぼ通りません。そこよりも低い返済負担率であれば十分に返せるでしょう。

もちろん、試算する金利によって金額が変わるので実際の金利を考えて借入額を検討してください。

住宅ローンで不安にならない返済額のまとめ

住宅ローンを組む時は不安ですが、返済する計画をしっかり立てれば不安が少しは解消されます。

今賃貸等で払っている金額なら毎月払っていけるでしょうし、それが返済負担率20%以下なら問題なく返済できるでしょう。

それを上回ってしまう人は、毎月楽に返済できるかを考えてみましょう。まだ住宅を購入前なら、住宅の設備やかかる金額を見直すことも考えましょう。

毎月の返済で苦しむとせっかく建てたマイホームでの生活が楽しくなくなってしまう可能性があります。計画を建てて楽しいマイホーム生活を送りましょう。