ミライノカケラ

30代の悩み、お金、家、節約についてのブログ

ドコモ口座への入金にベストなクレジットカードを徹底比較

ドコモの人が使えるドコモ口座ですが、コンビニから入金が可能です。

過去の記事でnanacoを使ってポイントを貯める方法を紹介しました。

www.fragments-of-the-future.com


では、どのクレジットカードを使ってドコモ口座に入金するのがお得になるのかを考えてみました。

ドコモ口座に毎月100,000円入金することをで還元率を計算してみました。

近年nanacoチャージへのクレジットポイントの付き方が改悪され続けています。今おすすめするのは、「NTTグループカード」です。

nanacoを普段の買い物だけに使うならこちらの方がお得

JCBカードWはnanacoを使う人にお得なカード

f:id:easyquitter:20180705105828j:plain

nanacoを使った入金

 まずは、過去の記事にも紹介したnanacoを使って入金する場合を考えます。

 nanacoにクレジットカードでチャージできるカードは多くありますが、nanacoにクレジットチャージしてポイントがつくカードが段々減ってきてしまっています。

nanacoギフトに移行可能なNTTグループカードレギュラー

発行会社 NTTファイナンス
年会費 web明細サービスで年会費無料
国際ブランド VISA,MASTER,
還元率 0.6 % (ポイント・プレゼントコースの場合)
ポイントプログラム 独自ポイント

クレジットカードならNTTグループカード


こちらは年会費無料のカードです。還元率は計算が難しいところですが、0.6%程度です。

ポイントプログラムがものすごく複雑なので戸惑うところですが、2コース選べます。

キャッシュバックコースとポイントプレゼントコースです。

ここでは詳しい説明は省きますが、ポイントプレゼントコース一択です。

nanacoチャージでの還元率は0.7%

WEB申し込み限定で、nanacoギフト20,000円分が30,000ポイントで交換可能です。

nanacoチャージ1000円で10ポイントが貯まるので、毎月100,000円で1,000ポイント。

年間累計5,000ポイントごとに500ポイントが加算される特典があります。

毎月1,000ポイント×12か月=12,000ポイント。

特別加算の500ポイントが2回もらえるので、年間13,000ポイントです。

nanacoチャージ以外で、年間2,000ポイント(20万円分)貯めれば、

年間15,000ポイント貯まり、2年で30,000ポイント。

(100,000×12か月+200,000)×2年分=280万円

280万円÷2万円=約0.7%となります。

うまく年間150万円くらい使うことができればもう少し還元率はよくなります。

ポイントの有効期限が2年間なので、nanacoチャージでしか使わない人は、10,000ポイントでnanacoギフト6,000円分もあるので、そちらを活用しましょう。それでも還元率は0.6%以上です。

nanacoチャージをしてnanacoギフトをもらえるので、そのまま現金化できるメリットがあります。

ただ、10万円分やろうとすると10年かかる計算ですが…

年間100万円以上使用で、ゴールドカードの年会費が無料

年間100万円以上使用すると、次年度のゴールドカードの年会費が無料になります。

nanacoチャージだけで120万円は使う計算なので、1年目はレギュラーカード。2年目からはゴールドカードでもいいかもしれません。

ゴールドカードのサービスは、

・空港ラウンジ使用可能
・国際線の手荷物優待サービス
・クラブオフの登録無料

クラブオフとは、株式会社リロクラブが運営する法人会員制のクラブで様々な優待が受けられます。

興味がある方は、ゴールドカードへの申し込みをしてみてください。

還元率で選ぶならリクルートカード(月3万円まで)

今では有名なリクルートカードですが、nanacoチャージでもポイントが貯まります。
2018年4月16日以降は、月3万円分までしかポイントが貯まらなくなります。

発行会社 三菱UFJニコス・JCB
年会費 永年無料
国際ブランド JCB,VISA,MASTER,
還元率 1.2 %
ポイントプログラム リクルートポイント

【リクルートカード(Recruit Card)】新規入会+ご利用でポイントプレゼント


ポイント還元率は1番ではないでしょうか。年会費が無料で1.2%の還元率です。

国際ブランドも、JCB・VISA・MASTERとどれでも選ぶことができます。

nanacoの他にも電子マネーにチャージができます。

f:id:easyquitter:20180117233155p:plain

自分が普段使っている電子マネーに合わせて発行するのもいいかもしれません。ただし、電子マネーへのチャージは合計で3万円/月までしかポイントが付与されなくなりました。

リクルートポイントは、ドコモのケータイ料金の支払いにも間接的に充てることが可能です。

f:id:easyquitter:20180119225804p:plain

ポイントの移行に約2か月かかってしまいますが、ポンタポイント→dポイントとすればdポイントはケータイ料金の支払いに使えます。

ケータイ料金の支払いにつかう|d POINT CLUB

毎月10万円チャージすると、1200ポイントが入ります。
2018年4月16日以降は、3万円分までしかポイントが貯まらないので、360ポイントしか貯まりません。

ドコモ口座からの払い出しに108円かかりますが、1102円分は手に入り携帯料金との相殺もできるので、一番のおススメです。現在は、360ポイントしか付与されないので、252円分しかお得になりません。

リクルートポイントは使い道が多彩

リクルートカード決済で貯まるリクルートポイントですが使い道が豊富です。

リクルートポイントが使えるショップは

ポンパレモール
ホットペッパー
じゃらん
・ローソン(ポンタポイントに移行)
・キノギフト

Tポイントを貯めるならYahoo!Japanカード

発行会社 ワイジェイカード
年会費 永年無料
国際ブランド JCB,VISA,MASTER,
還元率 1.0 %→0.5%
ポイントプログラム Tポイント


Yahoo! JAPAN(ヤフージャパン)が運営するクレジットカード


年会費は永年無料ですが、還元率はリクルートカードに劣る0.5%です。

こちらは、JCBブランドでしかnanacoにチャージできません。

Yahoo!ショッピングやロハコで毎日3%還元をしているので、ヘビーユーザーは使ってもいいかもしれません。

Tカードとても使える為、普段から使うのであればTカードが一枚財布から減らせるのでそれもメリットかもしれませんが

個人的には、リクルートカードに軍配があがるのではないでしょうか。

セブンカード・プラス

発行会社 セブン・カードサービス
年会費 初年度年会費無料・年間5万円以上利用で次年度無料
国際ブランド JCB,VISA
還元率 0.5% 
ポイントプログラム nanacoポイント

セブンカード・プラスはnanacoをもっとお得に便利にするクレジットカード


nanacoを発行するセブンが発行するクレジットカードです。年会費は、5万円以上使用で無料です。

貯まるポイントがnanacoポイントということでシンプルにすることができます。

セブン系列での使用でポイント加算があり、イトーヨーカドーセブンイレブンの使用で1.5%のポイントが貯まります。

また、8が付く日はイトーヨーカドーでほぼ5%オフになります。

カードもnanacoと一体型のカードもあるため、カードの枚数を減らすことができます。

nanacoへのオートチャージが可能

唯一nanacoの残高不足のときにオートチャージを実行してくれます。

設定金額以下になると、自動でチャージをしてくれるので便利です。

しかし、結局10万円分を一度に払うことができないので、いまいち使いにくい機能となっています。

WAONでも入金可能。

 WAONでも収納代行が可能となったので、ドコモ口座の入金も可能だと思われましたが、WAONでの支払いは不可能でした。
 
 また、チャレンジをしてみて可能になったらご報告したいと思います。

 WAONで支払いができれば、JALマイルがものすごく貯めやすくなると期待していましたが残念です。

まとめ

 毎月10万円をドコモ口座に入金するのに、どこクレジットカードが一番お得か検討してみましたが

 NTTグループカードが一番お得です。

 ライフスタイルや普段の使い方もあると思うので、自分に合ったカードを選びましょう。

 ただし、クレジットカードの申し込みはポイントサイトを経由した方がお得ですよ。

 
takenotalet.hatenablog.com