ミライノカケラ

30代の悩み、お金、家、節約についてのブログ

ネット銀行の手数料比較。ATM手数料・振込手数料を節約しよう

この記事では、数多くあるネット銀行の中で、ATM利用手数料と他行への振込手数料が無料となるネット銀行の比較をしました。

ATM手数料・振込手数料を安くしたいけれど、どの銀行が一番いいか分からないですよね。この記事では主なネット銀行を取り上げてATM手数料・振込手数料の安いところを比較しているので、この記事をみていただければどの銀行がいいか分かります。

自分で調べる手間を省けますよ。

ネット銀行ではランク制を導入しているところが多い

まずネット銀行では、ランク制を導入しているところが多いです。各銀行でランクの決め方やランクの数は違っています。今回比較するネット銀行でもランク制を導入しているところとしていないところがあります。

ランク制によって大きくATM・振込手数料の無料回数が変わってくるので、無条件での比較と、ランク制の一番下位での比較をメインとして一覧を作っています。

ATM利用手数料が一番安いのはどこ?提携しているATMの数は?

ATMの利用手数料ってものすごくもったいないと思いませんか。 最低でも108円は手数料がかかってしまいますよね。今の普通預金の利率は高くても0.01%。100万円を一年間預けても一年間で100円しか利息がつきません。なのに、1回ATMを利用しただけで108円も手数料がかかったら、預けている意味がなくなってしまいます。なるべく手数料がかからない銀行を選びましょう!

無条件での ATM利用手数料一覧表

銀行名 ATM利用料無料回数 提携ATM 提携ATM台数
ソニー銀行 セブン・イオン銀行ATM 無制限・その他銀行月4回 セブン銀行イオン銀行 約3万台(セブン・イオン銀行のみ)
住信SBIネット銀行 月2回 セブン銀行イオン銀行・E-net・ローソンATM 約5.6万台
新生銀行 すべて無料 セブン銀行イオン銀行・E-net・ローソンATM・ゆうちょ銀行・その他都市銀行など 10万台超
楽天銀行 0回 セブン銀行イオン銀行・E-net・ローソンATM・ゆうちょ銀行・UFJ銀行みずほ銀行(ただし手数料がかかる)  
ジャパンネット銀行 1回 セブン銀行・E-net・ローソンATM・ゆうちょ銀行・三井住友銀行 約9万台
セブン銀行 7時~19時 何度でも セブン銀行 約2.4万台
スルガ銀行 平日:7時~18時 土曜:9時~14時 何度でも スルガ銀行セブン銀行イオン銀行・E-net・ゆうちょ銀行 約7万台

新生銀行の条件なしでのすべて無料が圧倒的過ぎます!それに比べて楽天銀行は無条件では、一度も手数料が無料にならないです。ソニー銀行も無条件でセブン銀行イオン銀行が無料なので近くにある時は使いやすいですね。

ネット銀行の多くが取引条件などで、手数料の条件を緩和してくれるところもあるので比較してみます。

条件を満たした場合の ATM利用手数料一覧表

銀行名 ATM利用料無料回数 条件 提携ATM
ソニー銀行 セブン・イオン銀行ATM 無制限・その他銀行月4回 無条件と同じ セブン銀行イオン銀行
住信SBIネット銀行 月5回 月末総預金残高30万円以上 or 1000円以上で特定取引2つ以上利用 セブン銀行イオン銀行・E-net・ローソンATM
新生銀行 すべて無料 無条件と同じ セブン銀行イオン銀行・E-net・ローソンATM・ゆうちょ銀行・その他都市銀行など
楽天銀行 1回(最大7回) 25日の残高10万以上 or 取引5件以上(300万以上or取引30件以上) セブン銀行イオン銀行・E-net・ローソンATM・ゆうちょ銀行・UFJ銀行みずほ銀行(ただし手数料がかかる)
ジャパンネット銀行 ゆうちょ銀行以外無料 預金平均残高3,000万円以上 セブン銀行・E-net・ローソンATM・ゆうちょ銀行・三井住友銀行
セブン銀行 7時~19時 何度でも 無条件と同じ セブン銀行
スルガ銀行 右記の銀行はすべて無料その他の提携銀行:10回まで無料 預金残高20万以上でデジタル通帳契約 スルガ銀行セブン銀行イオン銀行・E-net・ゆうちょ銀行

少し条件を満たすだけで、ATM利用手数料が大きく変わります。一番大きく変わったのは、スルガ銀行です。円預金残高20万以上でデジタル通帳を契約(普通の通帳を発行しない)だけで、基本すべて無料になります。

注意が必要なのは、ジャパンネット銀行。一見無料になっているように見えますが、3,000万円以上の残高が必要です。それ以外に手数料を優遇してくれません。

ATM手数料では、新生銀行スルガ銀行が優位

ATM手数料だけを見ると、無条件ですべての銀行のATMが使える新生銀行が圧倒的にお得です。それに続いて、残高20万円以上が条件でほぼすべての銀行が無料で使えるスルガ銀行が優位。

続いて他行への振込手数料を比較してみます。

他行への振込手数料が一番安いのはどこ?自動振込サービスはある?

振込手数料は、同じ銀行の場合無料だったり、他の銀行と同じ手数料がかかったりと扱いがバラバラなので今回は他行に振込場合を比較します。

家賃や仕送りなど毎月決まったお金を振り込まなければいけないときに、うっかり忘れてしまうのを防止する自動振込サービスがあるんです。自動振込サービスが使える銀行も分かるようにします。

無条件での 振込手数料無料回数一覧表

銀行名 振込手数料無料回数 自動振込サービス
ソニー銀行 月1回 なし
住信SBIネット銀行 月1回 あり
新生銀行 月1回 なし
楽天銀行 0回 あり
ジャパンネット銀行 0回 あり
セブン銀行 0回 なし
スルガ銀行 0回 なし

無条件で振込手数料が無料になるのは、ソニー銀行住信SBIネット銀行新生銀行の3行だけでした。

しかも3行とも月1回だけです。またその中で、自動振込サービスがあるのは住信SBIネット銀行だけです。

条件を満たした場合の振込手数料無料回数一覧表

銀行名 振込手数料無料回数 条件
ソニー銀行 月2回 SONY BANK WALLETの発行(無料・VISAデビットカード・キャッシュカードと一体型)
住信SBIネット銀行 月2回 月末総預金残高30万円以上 or 1000円以上で特定取引2つ以上利用
新生銀行 月5回 普通預金等の平均残高100万円以上
楽天銀行 月1回(最大3回) 25日の残高10万以上 or 取引5件以上(300万以上or取引30件以上)
ジャパンネット銀行 5回 預金平均残高3,000万円以上
セブン銀行 0回 なし
スルガ銀行 月10回 預金残高20万以上でデジタル通帳契約

こちらも少し条件を満たすだけで、振込手数料が無料の回数が増えます。ソニー銀行は、普通のキャッシュカードではなく、VISAデビットがついたカードにするだけで月2回まで振込が無料です。

振込手数料では、ソニー銀行スルガ銀行が優位

振込手数料では、ほぼ無条件で月2回無料になるソニー銀行とATM手数料でも優位だったスルガ銀行が残高20万円で月10回まで無料になるのでお得につかることが分かりました。

取引や給与受け取りなどでポイント制度を導入している銀行は?

最近では、取引の回数や給与受け取りによってポイントをつけてくれる銀行もあります。大まかなにどれくらいのポイントが付くかを一覧にしました。

絶対トクする!ネット銀行120%活用ガイド

絶対トクする!ネット銀行120%活用ガイド

ポイント制度一覧表

銀行名 給与受け取り 取引 ポイント交換先
ソニー銀行 ポイント制度なし ポイント制度なし
住信SBIネット銀行 30P 5P~ 500P~現金に交換(1P=1円)
新生銀行 なし(振込入金で25P) 1P~ T-POINT
楽天銀行 1~3P 1P~ 楽天ポイント
ジャパンネット銀行 なし なし JNBスター(デビットカード利用やキャンペーンでもらえる)現金に交換(1P=1円)
セブン銀行 初回500P 2回目以降10P 10P~ nanacoポイント
スルガ銀行(ANA支店の場合) 50マイル 5マイル~ ANAマイレージANA支店の場合)

ネット銀行は提携しているポイントサービスがもらえるところが多いです。楽天銀行は、もちろん楽天ポイントがもらえます。

スルガ銀行は、ANA支店・T-POINT支店・リクルート支店・Dバンク支店(d-point)など、各種提携会社のポイントがもらえる制度です。各支店によってもらえるポイント数は変わってきます。

無条件なら新生銀行ソニー銀行。残高20万円以上ならスルガ銀行

いろいろな視点で一覧表を作りまとめてきましたが、私がおすすめするのはスルガ銀行です。残高が20万円以上で、デジタル通帳の発行という比較的低い条件で、ATM利用手数料実質無料・振込も月10回まで無料というサービスを考えれば分かっていただけると思います。デジタル通帳もネット銀行では何の問題もありません。また、各種ポイントが貯まる支店があるので自分の貯めているポイントの支店を作れば、ポイントも貯められます。

無条件が良いのであれば、新生銀行ソニー銀行をおすすめします。新生銀行は、ATM利用手数料が全て無料で振込手数料が月1回無料。ソニー銀行も、ATM利用手数料がセブン銀行イオン銀行で無料。その他の銀行も月4回無料。振込手数料も月2回まで無料になります。ただ、ソニー銀行はポイントが貯まらないので振込回数が少なければ新生銀行をおすすめします。

ただ、この3行とも自動振込サービスがないので、毎月振込必要がある方が住信SBIネット銀行でも比較的簡単な条件でランクアップできるのでおすすめします。

www.fragments-of-the-future.com