ミライノカケラ

30代の悩み、お金、家、節約についてのブログ

土地の選び方。災害にあいにくい土地を選ぶ

土地 選び方 災害

家を建てる上で重要な要素の一つが土地選び。どこの土地に家を建てるかによってその後の住み心地に影響が出ます。

人によって土地の選び方の基準は様々です。駅の近くがよかったり、職場の近くが良かったり。しかし、土地を選ぶうえで重要な要素が、災害にあいにくいかどうかです。

川の近くだったり、山の斜面の近くであれば見るからに危ないと分かります。しかし、綺麗に宅地造成などをされていると、昔どんな場所であったかが分かりません。過去にどんな土地であったかを調べる方法のひとつが地名です。

地名もずっと同じではないので、過去の地名を調べる方法を紹介します。他にも災害につながる情報を紹介します。

 過去の地名は、法務局で調べる

過去の地名は、法務局にある登記簿で調べられます。登記簿は今の所有者や抵当権があるかなどを調べるだけでなく、過去の地名を調べられます。

しかし、普通に登記簿をもらおうとすると今の情報しか載っていません。過去の情報が知りたければ、閉鎖登記簿をもらいましょう。和紙に手書きしてある時代のもののコピーをもらえます。

近くに法務局がなければ、郵送で送ってもらうことも可能です。

 地名を考える

今の地名が普通の名前がついていても、昔の地名が「~沼」等になっていると、そこが昔「沼」であったことが分かります。

沼だと、地盤が弱そうだったり、水害が起こる可能性があったりします。過去の災害がなかったか調べる手掛かりにもなります。

過去の地形は、図書館で調べる

昔その場所がどういった使われ方をしていたのかを調べる方法は、図書館などで過去の地形図や住宅地図を参考にすると分かります。

昔田んぼであったなら、造成しているのでその下が田んぼであったことが分かります。

災害ハザードマップで確認する

 過去の災害や災害予想のデータを市町村がまとめています。それを国土交通省ハザードマップポータルサイトとして情報を提供しています。提供されている情報は、洪水・土砂災害・津波です。

自分が住んでいる場所を地図で見られるので参考になります。

この他にも、各市町村でハザードマップが作成されています。液状化について載せている市町村もあるので、参考にしてください。

 災害にあいにくい土地の選び方のまとめ

 起きてほしくない災害ですが、日本のどこかで毎年災害が起こっています。自分が被害にあわない・被害を軽減するためにも、家を建てる前の土地選びがとても重要になります。

過去の地名や土地の形状・ハザードマップを参考にして災害にあいにくい土地を探して家を建てましょう。

すべてが当てはまるわけではありませんが、災害にあう可能性がある場所は比較的安くなっている傾向があります。周辺土地と比べてあまりにも安い場合は、ちょっと疑ってみてもいいでしょう。