ミライノカケラ

30代の悩み、お金、家、節約についてのブログ

家を建てるなら南向きの土地がいい?~注文住宅の失敗事例~

注文住宅を建てる時に、土地を購入して家を建てる人が多いです。家を建てるなら南向きの方がいいと思っている方もたくさんいます。

我が家は、南向きの土地に家を建てましたが本当に南向きの土地の方がいいのでしょうか。 間取りを考えたり、家の建て方を考えたりする上で、知らなかった南向きの土地のメリット・デメリットを紹介します。

今から土地を購入される方に読んでいただき、家づくりの参考にしていただきたいです。

 南向きの土地のデメリット

敷地を最大限活かせない

南向きの土地だと、建物の配置としては目いっぱい北側に建物を建てて、南側に庭と駐車場を作りのが一般的です。

しかし、家を建てる地域によっては、目いっぱい北側に建物を建てることができない可能性があります。

我が家も、家の北側に無駄な1.4mほどのスペースがあります。なぜそんなことが起きるのか。

それは、建物を建てるときには様々な制限があります。大きな制限として、「用途地域」があります。

用途地域」とは、地域ごとに建築出来る建物を大まかに決めたものです。住宅街の中に急に工場ができても住みにくくなってしまいますよね。そういった事を防ぐための決まりです。「用途地域」の詳しい説明は、こちらの国土交通省のHPを見てください。

みんなで進めるまちづくりの話-国土交通省

用途地域」が「第1種低層住居専用地域」や「第2種低層住居専用地域」に、住宅を建てる事が多くなります。特に「第1種低層住居専用地域」は住環境をよくするための地域ですので、決まりが結構厳しいです。

これら二つの地域では、高さ制限、外壁後退、日影制限といった制限を受けます。

・高さ制限とは、建物の高さを制限したもの。

・外壁後退とは、土地の境界から外壁までの距離が定められたもの

・日影制限とは、建物北側の日照を確保するために屋根の高さや距離を制限したもの

これらの制限があるから、住環境が良くなるのです。しかし、家を建てる側から考えると土地を最大限使えないことになります。

外壁後退では、目いっぱいまで建物を建てたいのに控えて建てなければいけません。

日影制限は、特に南向きの土地を探している方に注意が必要です。自分の土地の北側の人にも太陽が当たるように、屋根や建物の距離を考えなければいけません。詳しい計算は、建築士がやってくれます。しかし土地を買った後では、制限の中で建てるしかないので土地を買う前に知っておいた方がいいです。

我が家もこの日影制限のせいで北側に1.4mものスペースができてしまいました。あと50㎝くらいは家を大きくできたのに。

北向きの土地に住んでいれば、一般的に北側に駐車場を作り、建物を建てて建物の南側に庭を作るので、北側の日影制限を気にしなくて良くなります。

庭で遊んでると人目が気になる

広大な土地に家を建てれればいいですが、ちょっとした庭しかないと南側の道路を通る人の人目が気になります。

北向きの土地ならば、道路からは自分の家があるので庭にいても気になりません。南側に家があったとしても、わざわざ北側に大きな窓を作ることがないので一目は気にならないです。

土地の値段が高い

北向きの土地に比べて、南向きの土地の方が同じ場所であれば値段が高くなります。南向きの土地の方が人気が高いからです。

南向きの土地のメリット

特にないと思います。強いていうなれば、北側よりも日当たりがいいこと。日影制限があるとはいえ、南側に家が建っていれば多少日当たりは悪くなります。しかし気になるほどではありません。

住んでみて、南向きである絶対的な必要性は感じられませんでした。

まとめ~南向きの土地の方がいいか~

 ハッキリ言って、南向きの土地でなくても良い。というのが結論です。

敷地の活用できる範囲、値段、人目を考えると北で良かったです。間取りについても北向きの土地の方がうまくできたと思っています。

ただ、私が住んでいる地域が「第1種低層住居専用地域」だからこそ北側でもいいと思えるのでしょう。違う用途地域では、制限が変わってきて全く北側に日が当たらないところもあります。

「第1種低層住居専用地域」もしくは、「第2種低層住居専用地域」であれば北向きの土地もいいです。

なかなか難しいですが、新築の家に住んだ時の生活スタイルをイメージしながら家づくりを楽しんでください。

土地を買う時には、こちらの記事も参考にしてください。

 

www.fragments-of-the-future.com