ミライノカケラ

30代の悩み、お金、家、節約についてのブログ

広い洗面脱衣所は、朝の時間に余裕ができる。

私は注文住宅で家を建ててもうすぐ2年経ちます。2年住んでみておススメと思った間取りについて紹介します。

今回は広めの洗面所脱衣所について紹介します

間取りは今住んでいるアパートなどで使いづらいと思ったことを改善させていくだけで、住みやすい家を建てられます。今の住まいの問題点を考えてから、間取りを決めるといいですよ。

 

二人並べる洗面台は朝の時間に混み合わない

広い洗面脱衣所にした一番理由のは、二人並べる洗面台が欲しかったからです。

注文住宅を建てる前に住んでいたアパートは洗面脱衣所が狭く、もちろん洗面台も小さめでした。朝、準備するときに洗面所が混み合って準備がはかどりませんでした。しかも、妻は洗面台で化粧をします。ただでさえ時間のない朝に洗面台を占領されます。

そのため二人並んで準備できる洗面台が欲しく広い洗面台所にしました。最近は一階と二階にトイレを作る家が多くなりましたが、洗面所はまだ一つの所が多いと思います。朝の準備を時間スムースにするためにも、広い洗面脱衣所と洗面台を広くすることをお勧めします。

f:id:easyquitter:20180512225958p:plain

クリナップHPより

二人並べる洗面台にしたおかげで、朝の準備で洗面台が使えなくて困ることはなくなりました。

洗濯物も干せる

洗面所には「干すクリーン」という天井から洗濯物が干せる機械がついています。少し濡れているだけの物や、急きょ雨が降ってきた時に洗面脱衣所にも洗濯物を干すことができます。

乾燥機は浴室の浴室暖房乾燥機しかありませんが、換気扇があるのでちょっと濡れたくらいのものならば乾かせます。また、洗濯機から取り出してそのまますぐ干せるのでとても便利です。

洗面所が広いと子どもとのお風呂上がりも苦労しない

子供と一緒にお風呂に入った後、着替えさせたりするのが大変です。狭いと自分と子どもが一緒に洗面脱衣所に出ると体が拭けなかったり、着替えが濡れたりしてしまいます。

アパートの時は狭くても仕方ないと思っていました。しかし、広い洗面脱衣所にすると子どもとお風呂に入った後に、子供を着替えさせるがとても楽になりました。

広い洗面脱衣所のデメリット

広い洗面脱衣所の唯一のデメリットが冬場に寒いことです。

妻が寒がりなので洗面脱衣所に後付けで暖房をつけました。

しかし、広いのであったかくなりません。もっと大きな暖房器具を買えば良かったのですが、こんなにあったまらないものだと思っていませんでした。

広い洗面脱衣所のまとめ

洗面脱衣所を広くすることで、朝の準備にストレスがなくなり、快適に過ごせます。洗濯物を干したり、子どもを着替えさせたりするのもスペースがあることで生活が楽になります。

冬場に少し寒いのが難点ですが、広い洗面所を作ってよかったです。

他にも作って良かった間取りをまとめています。参考にしてください。

 

www.fragments-of-the-future.com

 失敗したと思うこともまとめています。

 

www.fragments-of-the-future.com