ミライノカケラ

30代の悩み、お金、家、節約についてのブログ

名鉄ミューズカードとwellowカードmanacaのメリット・デメリットの比較~どっちを持った方が使い勝手がいいか~

2018年3月14日からmanacaでもオートチャージが可能になりました。名古屋市営地下鉄とオリコが提携した「wellowカード」でのみオートチャージができます。

今までmanacaに唯一クレジットカードでチャージできた「名鉄μ'sカード」との違いや、メリット・デメリットを比較検討しました。

一覧比較表

wellowカードf:id:easyquitter:20180315111512p:plain 名鉄μ'sカードf:id:easyquitter:20180315111522p:plain
年会費 初年度無料 1,250円(年間1回以上の利用実績で翌年度無料 manacaチャージ含む) 初年度無料 1,250円(年間5万円以上の利用実績で翌年度無料 ただし、manacaチャージは含まない)
manacaチャージ 名古屋市営地下鉄の改札(85駅)でオートチャージ 主要駅などのミュースターステーション(22箇所)でチャージ
発行会社 オリコ 三菱UFJニコス
国際ブランド JCB,VISA,MASTER, VISA,MASTER,
還元率 0.5 %(1,000円で1ポイント) 0.5 %(200円で1ポイント)
ポイントプログラム 暮らスマイル(各種ポイントに移行可能) ミュースターポイント(manacaにチャージ可能)
その他 優待店舗が4グループ 名鉄百貨店での買い物がお得・明治村などのレジャー施設に500円で入場できる

唯一オートチャージ可能な「wellowカード」

 manacaに対して唯一オートチャージが可能となるのが、wellowカードです。

メリット

manacaへのオートチャージ

manacaでは、今までオートチャージがなかったせいで改札で止めらることもしばしば。これが通勤・通学時間帯だと最悪で、後ろの人の顔が見れません。自分のせいで、その改札機に列ができてしまいます。また、精算機も並んでいることが多く、朝の時間がないときに並んでチャージしないといけなくなります。
そのストレスがなくなるだけで、かなりのメリット!

クレジットカードのチャージでポイントも貯まる

今までは「名鉄μ'sカード」を除き、クレジットカードでチャージすることができませんでした。しかし、このカードもクレジットカードでチャージでき、かつクレジットのポイントも貯まります。1,000円で「1スマイル」。スマイルとは、ポイントの単位で1スマイルが5円分の価値です。

manacaと一体型となったカードも選択可能

クレジットカードのタイプが2種類あり、「クレジットカード一体型manaca」と「マナカリンク型クレジットカード」です。
クレジットカード一体型manacaは、文字通りクレジットカードとmanacaが一体となっているので別々に持ち歩く必要がなく手持ちのカードが少なくできるのでメリットです。
別々に持ちたい人の為に、マナカリンク型クレジットカードも用意されているのがうれしいです。

年会費も実質無料・カードフェイスもおしゃれ

年会費は、初年度無料で次年度から1,250円(税別)がかかります。しかし、年1回の利用で翌年度の年会費が無料になります。年1回の利用にはmanacaオートチャージも含まれます。オートチャージ以外で使う予定がない人でも、年会費は無料になります。
カードフェイスも、星空・宇宙兄弟の2種類があります。カードブランドによってカードフェイスが決められてしまうのは残念ですがそれでも選べる楽しみはあります。また、宇宙兄弟好きにはもってこいのカードフェイスです。

デメリット

名古屋市営地下鉄の駅でしかオートチャージができない

オートチャージは、名古屋市営地下鉄の85駅で利用できます。上小田井駅上飯田駅では、チャージできません。地下鉄が提携して発行したカードなので、仕方ないですが名鉄への乗入も多数しているので名鉄の駅でもオートチャージが可能になれば最強カードになります。
万が一、地下鉄から連絡して名鉄の駅で乗降りする場合は、オートチャージの金額を設定して名鉄の駅では十分なチャージ残額を残すようにしましょう。

優待加盟店が少ない

オートチャージにしか使わない人にとっては、特に問題ではありませんがポイント優待店がまだ少ないです。
金鯱横丁
ビックカメラグループ(ビックカメラ・コジマ・ソフマップ
松坂屋
・レッグウエア カトレア
の4種類の店舗しかありません。
もともとクレジットカード還元率も0.5%ですし、優待店でも1.0%にしかならないので楽天カードで買い物した方がいいでしょう。

manacaクレジットカードチャージの元祖「名鉄μ'sカード」

 名鉄が発行している以前からクレジットカードチャージができた名鉄μ'sカード

メリット

μstar station(ミュースターステーション)でクレジットカードチャージ可能

名鉄の主要駅や名鉄百貨店などに設置されたミュースターステーションでクレジットカードチャージが可能です。manacaとのジョイント登録を完了させておけばカードがなくても、チャージが可能です。オートチャージが可能となった今、メリットよりもデメリットにも感じられます。

名鉄の定期券を唯一購入できるカード

名鉄の定期券はこのカードを除いてクレジットカードで購入できません。唯一このカードだけでクレジットカードでの購入が可能です。もちろんクレジットカードのポイントもつきます。

名鉄百貨店での使用で割引サービスが多い

名鉄百貨店での買い物で基本5%の割引を受けることができます。最大で10%の割引も受けることが可能です。10%の割引を受けようとすると名鉄百貨店での買い物が年間100万円を超えないといけないので頻繁に買い物する方におすすめです。
割引に加えてポイント加算サービスもあるので、名鉄百貨店のヘビーユーザーは持つべきカードです。

人気レジャー施設のワンコインデー開催

個人的には最大のメリットです。名鉄が運営するレジャー施設が500円で入場できます。
対象施設により期間が異なりますが、
明治村
・リトルワールド
日本モンキーパーク
南知多ビーチランド
の4施設で年間1か月から2か月の間500円で入場できます。
それぞれが入園料が1,500円以上する施設なので、年1回行くだけでもお得です。しかも1枚のカードにつき5名まで入場が可能なので家族全員が割引されます。
ワンコインデーを開催していない期間でも200円~300円の割引を受けられます。

デメリット

クレジットカードチャージできる場所が少ない

クレジットカードチャージは可能ですが、場所が少ないです。クレジットカードチャージは、ミュースターステーションで可能ですが、そのミュースターステーションが20か所程度しかありません。普段名古屋駅金山駅など特急列車が停める駅で乗降りする方は、利用できますがその他の方利用する場所がなかなかありません。

クレジットカードチャージだけでは年会費が無料にならない

年会費は初年度無料で次年度から1250円(税別)です。年間5万円以上利用で次年度が無料となります。しかし、クレジットカードチャージは含まれません
クレジットチャージだけでは、年会費が無料とならないのでクレジットチャージのためだけに持つのは損です。定期券の購入した場合は、5万円の中に含まれるので年会費無料の対象となります。

manacaとの一体型カードがない

manacaと一体型になったクレジットカードの発行はありません。別々の発行です。

まとめ

地下鉄の駅利用者は圧倒的に「wellowカード」の方が便利です。オートチャージ・年会費無料・manacaと一体型カードと「名鉄μ'sカード」のに比べてメリットがかなりあります。
名鉄μ'sカードを持つべき人は、名鉄百貨店での買い物が多い、普段ミュースターステーションがある駅で乗降りする人、明治村などの施設に年一回以上行く人です。
名鉄ユーザーとしては、wellowカードが名鉄駅でもオートチャージが可能となるか、μ'sカードがオートチャージに対応してくれるのを期待したいです。

定期券を普段使っている人で、乗り越しが頻繁にない方は、ビックカメラsuicaカードもおススメです。モバイルsuicaも使えます。
www.fragments-of-the-future.com